/* アドセンス自動広告コード*/

おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

フタバのデジタルサーボS9570SVを7PXに繋げてSRモードに書き変えました!M-07に搭載したら色々疑問も湧いてきて・・

1番長く愛用してたサーボはフタバのS3003だった、はせやん(@HaseOmiso)ですw

 

RC復帰をしたのが確か2007年位だったと思いますが、メガテックジュニアのアンプセットに付いてきた基本的なサーボですね。

0.19secという速度は、つい最近までなんら違和感を感じなかったのに・・

今じゃ0.10はないとツライと感じる変貌っぷりw

 

 

0.1秒でも早くぅぅ!

(0.1秒が待てない男)

 

そして今回、その0.10を求めてサーボを買っちゃいました♪

 

レースに出るようになってから、少しでも反応が速いサーボを追い求めて、ついにここまで来ちゃいましたw

といっても、まだミドルクラスなサーボかもですが、、

自分にとってはなかなかの高級品ですw

 

実売6000円代でしょうか。

速度もトルクもMシャーシには最高かな!

さらに最近では、高速レスポンスなSRモードに対応してアップデートが可能になりました!

コスパ良すぎぃ!!

 

【アップデートで更に化ける!?】

SR対応可になってから更に人気が出たのか、注文してからメーカー問い合わせで1週間かかりましたヨ・・

ようやく届いたので、M-07に装着しました!

 

フタバ S9570SV 

 

おぉ、、デジタルサーボ・・

ついに我が手にw

 

ロープロと呼ばれる高さが短いタイプです。

立てて搭載するときは重心が下がるし、

横に寝かせて搭載するときは、メカスペースが確保できるという有能ちゃんですな♪

ギヤもメタルです。

サーボホーンを付ける側が歯こぼれしにくいも当然ですが、取り付けるネジ穴をナメずに済むのも嬉しいですな!

ここがタッピングビスで打ち込むプラギヤだと萎えるのよねぇ・・

 

 

さっそくSRモードに書き変えてみますか!

まずは7PXに有線で接続します。

 

プロポから電源も供給できるから、これで接続が完了!

あとはプロポ側で設定値が丸見えですw

攻殻機動隊の電脳っぽいな~

 

7PXでSRモードに変更

 

接続するとこんな感じで見られます。

名称がTA07になっているのは気にしないでくださいなw

真ん中の型番が合っているのを確認して、「ノーマルモード」の部分をタッチ♪

 

 

の前に、今のノーマルモードの設定値を確認しておきましょうかねぇ。

後ほどSRモードになった時に、どこが変わったのかを比較したい・・

では、ぽちっとな・・

 

 

プリセットなSRタイプは、上位サーボだと3種類あるのですが、これは1種類だけなんですな

気になるポイントを、自分で個別に設定すれば良いだけの事かしら?

 

 

SRタイプ1を選択して、書き込み中・・

 

時間にして数秒で終わりました!

数値はどう変化したかしら?

 

おぉ!SRモードと表示されている♪

参考がてらノーマルモードの数値は・・

  • デットバンド:0.25
  • ダンパー:176
  • ストレッチャー:1.000
  • ブースト量:10

でした。

スムーサーは変わらず「無効」のまま

 

 

2ページ目はノーマルモードと変わらず。

 

こんな感じで簡単に設定が完了出来ちゃった!!

完成の証、付属してきたSRシールを貼っちゃおうw

 

しかも後はワイヤレスで設定できちゃうみたい!

(ノーマルからSRモードに変更するときのみ、有線接続が必要)

 

 

走らせながら設定変えて

フィーリングを楽しみたい!

(これは素晴らしい機能!)

 

【広告】

 

 

 サーボをM07に搭載!

 

内部設定完了したサーボを、M-07に乗せましょ♪

 

今まで長い間お世話になりました。

ヨコモのS-007も0.11な速度ですごく使いやすいサーボでした!

3000円と安いので、初めてRCする方も含め、いろんな方に紹介させて頂きましたがすこぶる評判は良かったです!

 

【侮れない速度と安さ!】

  

参考がてら重量を計ってみよう。

ふむ、S-007は41gと・・

 

S9570は43g

むぅ、2g重いのぉ・・

 

しかし、この差を見てほしいww

これぞロープロの真骨頂!

2/3ほどの大きさか!

 

 

立たせると判り易いかしら!?

M-07は立たせて搭載するから、この背の低さはかなり有利になるはず!

2gの重さなんて!

 

 

スポっ♪

実際に搭載してみました!

横のアンプとほぼ同じ高さ!

 

今までとはエライ違いだw

他のみんなは、この重心の低さでやっていたのか・・

ズルイぞww

 

あれ?そういえば、前のサーボに付けていた台座が要らなくなったと言う事は・・

 

全部で3gあった!

これが不要になったから、以前より1gも軽い事になるのか!

 

 

しかも低重心♪

(至れり尽くせり)

 

【広告】

 

 

サーボホーンの疑問

 

 サーボをシャーシに固定して、ハイトルクサーボセイバーを装着しようとしたら・・

 

スポっ♪

 

あれ?

ぐりぐりせずに入っちゃう・・

 

いつもはチカラをかけながら押し込む感じなのに・・

おかしいな・・と思いながら、諸先輩方に助けを乞いました・・

 

ほっ♪ よかった♪

どうやら仕様のようですw

 

こんなスポスポ自由自在なら、、

と、とある比較を思いつきましたw

 

 

1ノッチずらしが簡単にできる!

(一度やってみたかったw)

 

ひとつづつ山を移動させると、どれだけ舵角が変わるか・・

ご覧くださいw

 

 

 

 

 いかがでした!?

サーボホーンの動き具合にも注目です!

1ノッチでこれだけ舵角がズレるんですね!

何度ずれるんだろ・・

 

この歯数を360度で割れば1ノッチ分の角度が出そうね!

 

 

あれ?待てよ・・

確かサンワやKOの方が山が細かいんじゃ・・

(フタバとタミヤは歯数が少ない…)

 

 

と言う事は、1ノッチ分の細かさが違うのかも・・

 

と言う事は、物理的にベストなニュートラルセンターに持っていきやすいかも・・

 

と言う事は、サブトリムでいぢる調整幅も少なくて済むのかも・・

 

 

スポスポが招いた、開けちゃいけないパンドラの箱だったかしら・・

 

 

まぁ…ミゾがデカイ方が固くて頑丈だよね…

奥さん・・

(サブトリムはいぢってナンボ!)

 

もひとつ疑問!

 重心が低くなった分、サーボロッドの角度が付いちゃったのですが、これはステアリングに影響あるのだろうか・・

なんか高さが一緒じゃないと、疑心暗鬼になっちゃうのよねぇw

 

【以前も考えたこの問題】

www.omiso.blog

 

 まぁこの場合は高さだから大丈夫なのかな。。。

今度ゆっくり考えてみよう。

(たぶん考えないw)

 

実走はまた今度!

 

取りつけたSRサーボを早く試したいですね!

ワイヤレス設定も上手くいくのかな?

感想などはまた、レジャランで走行した時にでもTwitterの方で呟きたいと思います~!