おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

花粉症対策にはヨーグルトで免疫力UP! ヨーグルティアで簡単に安くいっぱい作ろう!

ヨーグルトで一番好きなのはチチヤスヨーグルトな、ハセやん(@HaseOmiso)です。

あのちょっと甘い感じ♪

そして給食に出てた懐かしさがたまりません!

 

さて、我が家のヨーグルト需要はそこそこ高く、一番人気の「明治ブルガリアヨーグルト450g」があっという間に無くなります・・・

なのでいつもスーパーでまとめ買いしてますが、最安値でも税込128円ですねぇ。

 

まぁそれでもカップ型のヨーグルトに比べたらまだ割安ですけど・・・

出来れば毎日食べるものなのでコストは極限まで下げたい!

そこで今回は、ヨーグルトを自宅でSECOく自作できる「ヨーグルティアs」をご紹介です!

 

ヨーグルティアsとの出会い

 

初めてみたのは、TBSのがっちりマンデーで紹介されていた時です。

ヨーグルティアはタニカ電器さんが作られているのですが、その社員の技術者の方がまぁーー熱心に研究してる所が放送されてました。

 

他メーカーの似たようなヨーグルトメーカーを買ってきては、バラバラに分解、発酵温度などグラフ化して細かーく分析してました。

その技術者さんが、まぁウヒウヒ楽しそうに研究なさっているのを見てて、

 

あぁ、ココの商品絶対買いたい

 と思ってましたw

 

その技術者の方が温度や熱効率など研究して、マイコン制御を徹底的にチューニングしたのがタニカ電器さんの「ヨーグルティア」です。

 

ヨーグルト作成には発酵温度が極めて重要らしいですが、その温度管理がちゃんと出来ないと、まともなヨーグルトが完成しません。

その根幹がしっかりしている商品なので安心ですね!

 

さらに2016年頃から、ヨーグルティアがパワーアップして

ヨーグルティアsにバージョンアップしました!

それを機に購入することにしました!

 

ヨーグルティアsが届いた

 

我が家が購入したのは、最初からガラスポットが2個ついてくるタイプにしました。

以前はオプションでガラスポットだけ頼む必要があったのですが、この秋頃からガラスポット付きも選べるようになりました。 

 

早速キレイな箱が到着しましたヨ

f:id:omisoblog:20171109002359j:plain

梱包の様子

f:id:omisoblog:20171109002406j:plain

商品一覧

f:id:omisoblog:20171109002418j:plain

 

取り説やパンフレットも

f:id:omisoblog:20171109002422j:plain

 

ガラスポット単体

f:id:omisoblog:20171109002443j:plain

 

上のふたを回して取るとこんな感じ。

透明の内フタがちゃんと付いてます。

f:id:omisoblog:20171109002446j:plain

 

本体のガラスポット収納場所

f:id:omisoblog:20171109002456j:plain

 

高さ感は500mlペットボトルと同じくらい

f:id:omisoblog:20171109002500j:plain

 

ブルガリアヨーグルトを作ってみよう

 

初めての作成なので、まずはいつも食べている基準の「明治ブルガリアヨーグルト450g」を作ってみよう!

これに成功したらR-1ヨーグルトラクトフェリンヨーグルトに挑戦したい!

むしろそっちが目的であります!

 

R-1にはインフルエンザ抑制効果が、

ラクトフェリンにはノロウィルス予防効果が!

ただどちらのヨーグルトもちょっとお高い。。。

今回の実験がうまくいけば、これらのお高いヨーグルトも安くSECOく作れるのでは!?

 

 

 

まずはガラスポットを消毒します。

推奨されているやり方は、少量の水を入れてレンジで1分半ほどチンするだけ。

楽ちんですね~ 

 

 

入れる量はこれくらいにしました。

 

 

チーン!

ホカホカ湯気と水滴がびっしり。

これで消毒完了。残ってる熱湯は流して取り除きます。

 

 

今回の組合せはこちら。

明治ブルガリアヨーグルトと、成分無調整牛乳。

低脂肪牛乳や成分調整牛乳でも出来るらしいですが、色々とクセがある模様。

まずは標準的なモノから作成していこう~!

 

200ccほど入れます。

 

 

ちょうどTANICAロゴあたりでしょうか。

 

種菌となるヨーグルトを100g入れます。

入れる前に計量機で0セットして、、

ドボン。

 

 

こんなにキッチリ軽量するのは、たぶん最初だけかとww

 

入れたあとは塊が無くなるようにまぜまぜ

さらさらになったら、、、

 

残りの牛乳を1L全部入れます。

ちょうどギリギリ入るよう設計されてますねぇ~

ラスト1滴のミルクボール写真w

 

そしてまたまぜまぜ。

今度は軽くで良いと思います。 

 

気泡を取り除いておくと綺麗に出来るのかな、、、と。

たぶん最初だけw

 

 

内フタと取ってを付けて、本体にセット!

わくわくしてキタ!(´▽`)

 

てっぺんのフタをセット

 

 

温度設定は41℃

発酵時間は7時間

にセットしました。ガラスポットの場合、通常のプラスチックポットよりも1℃高く設定した方が良いようです。

 

液晶も大きくて見やすいですね~

操作もいたって簡単。

さて、7時間待ちますか。。。

 

【途中経過】

セットして3時間ほどでヨーグルティアの様子を見てみた。

本体はほんのり温かくて、青の上フタの隙間からほのかにヨーグルトの匂いがするぞ!

 

【広告】

 

 

発酵したかいな?

 

ぴ~ぴ~ぴ~♪

タイマー終了のメロディが流れたので、取り出してみた。

 

内フタが汗かいてる

 

お!なんだか固まってそうな予感!

地層みたくなってるw

  

いざ御開帳~からのスプーン入れ~

 

おーーー!ヨーグルトやねぇw

さっきまで牛乳だったのに、なんでヨーグルトになるんだ??

なんだか不思議w

本当にヨーグルトの中には菌がいて、ちゃんと仕事してるんだねぇ、、

理科の実験的な事が体験できて、妙に納得してしまいました。

とはいえ、まだなんだか柔らかい感じ。

取り説では、発酵後は冷蔵庫に2時間ほど入れて冷やして下さい、との事。

そうしましょ。そうしましょ。

 

取っ手フタに付け替えて、いざ冷蔵庫へ。

 

 

2時間ほど冷やしました

 

わくわくしながら2時間待って、冷蔵庫から取り出しました。

ガラスの容器は冷たくなっていて、これは期待できそう!

 

早速スプーン入れ。

ふむ、、ちょっと固まったような気もするようなしないようなw

 

 

本家種菌ヨーグルトと比較してみましょ♪

 

むぅ・・・

なんか乳清が多いのかな・・・

水分が多いように見える・・・

 

ええい!いつまでも見ていてもしょうがない!

ヨーグルトは食うもんじゃぃ!

もぐもぐ・・・

 

 

 あったけぇ、、

 

2時間の冷却じゃ足りなかったようでw

そりゃ1キロ分あるんだもんね。

たっぷんたっぷん。

 

試食した感じ、温度は差し引いて考えても、本家に比べてまだ柔らかいかなぁ。

酸味はほんの少し強めに出てるか?

後味も本家はネトっとした風味が鼻に残るが、こちらはサラっとして爽やかな感じ。

 

うーむ、今回はまったく同じなコピーにはならなかったかぁ。。

まだ温度が高く冷え切ってないのも原因のひとつかしら。。。

総合的なコピー率で言うと50%くらいな感じ。

でも確かにこれはヨーグルトになっててスゴイけど!w

 

さらに次の日まで冷蔵庫へ

 

昨晩の御開帳からキッチリ12時間以上冷やしてきました。

もう冷えてるだろ、、

とフタを開けてみると、なにやら固まっている感じ!

期待しつつ、もぐもぐ・・

 

 

まんまブルガリアやん!

 

 

なんだ!? なにが起こった!?

たった半日ほど更に冷やしただけで、まったくの別物になってた!w

 

ブルガリアヨーグルトの、食べた後のふわっとしたクリーミーな香りも見事に再現されている!

乳清がたっぷり浸っているので、固さは本家よりほんの若干柔いような気もするが、味や風味はほぼ同等!

 

再現率95%!

 

こりゃすごい・・・

目の前に1kgの大量のブルガリアヨーグルトがw

ぐふふ、、食いまくるで~!

 

 

タニカさん曰く、発酵時間や温度の調整次第で、酸味や硬さが変えられるみたい。

もうちょい固めが良いなら、発酵時間を伸ばしてみるかな。

今回の41度、7時間発酵を基準に、味と固さの変化を模索するのも面白そうだねぇ!

 

次回はR1ヨーグルトを作るゾ!

 

今回のブルガリア作成で、ヨーグルティアsでの作成方法は大体わかりました。

次回はいよいよ本題のR1ヨーグルトの自作を目指します。

 

カップ型のヨーグルトは、加糖されているのが多くてちょっと甘めでオイシイけど、牛乳で薄まる分、完成系の味の変化の違いはブルガリアよりも大きいかも・・・

どうなるんだろう・・・

実験前のわくわく感w

こうご期待!

 

 【続編はこちら!】