おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

「デミオ」のRC軽量ボディをメタリックオレンジに塗ってみた!タミヤスプレー塗装の手順もご紹介!

RCボディ製作は苦手な、はせやん(@HaseOmiso)です

デザイン考えたり細かな作業の連続で、なかなか重い腰が上がりませんが、これもレースに勝つため!!

と信じて作り始めましょw

 

前回の記事からの続きで、今回はマスキングから塗装まで一気にいきますヨ~♪

 

【前記事】

 

 

スプレー塗装前にマスキングしましょ

 

まだ透明でボディポストが見やすいうちに、リーマーで穴をあけておきましょ!

 

タミヤのリーマーは目盛入りなので、開けたい径がわかりやすい!

もちろん切れ味もバツグン!

 

【ボディ作成に必須ですヨ】

 

 

ボディポストの穴開け完了!

フィッティング御試着中・・

 

まさかのギリギリw

ラスト1穴でジャストフィット・・

あぶねぇ・・

 

タミヤのボディには、窓用のマスキングシートが付いてきます。

優しぃ~ 嬉しぃ~!

 

曲線ばさみ必須なR具合

 

【どんな曲がりだろうが意のままにカット!】

 

 

魚の3枚おろしのようにw

 

純正のマスキングなのでジャストフィットですね~

ほんと助かります

 

一部分貼って、全体をあてがってみてズレてなければ、青台紙をはがしつつ貼りましょう!

 

 

窓のマスキングが貼れたら、次はカラーリングをデッサンします。

自分、美術センスゼロなので、、

 

簡単なラインの組合せが限界っす

 

 

Twitterで、どストレートな質問頂けました。

 ギンがギソに見えるとか多数の突っ込みありがとうございましたw

O型ゆえ、テキトーなんです♪

普段文字も書かないから、脳内と指がうまくリンクせずに、ひらがなカタカナぐちゃぐちゃですわぃ

  

【広告】

 

ポリカボディの塗装の順番

 

デッサン通りに塗装を初めていきましょう!

RCのポリカボディは暗い色から塗っていきます。

最初から明るい色を塗ってしまうと、後でその上から他の色を重ね塗りしたら透けちゃったり、色が混ざったように見えてキレイに見えないからです。

 

なのでまずは1番暗いからですね!

自分が重宝しているのは、ABCホビーさんのアクアRCカラーです!

全32色あり、水で溶けるので絵の具感覚で塗れますよ!

 

匂いもしないし、水で流せるし!

ホントおすすめ!

 以前は黒の部分をスプレー塗装してましたが、黒ってアンダースポイラーとかのピンポイントにしか使わないんですよねぇ・・

 

ピンポイントの為に他全体をマスキングとかw

ほんと無駄を感じてましたが、絵の具感覚で筆塗りできる塗料が発売されてからは、ほんと助かってます!

 

黒を塗るとこんな感じです!

良く見るとマスキングの隙間から塗料が入り込んでガビっちゃってるけど?

 

 

 

 気にしないw

O型(かに座)

 

重ね塗りしてもムラにならないので、何も考えずガシガシ塗れるというO型向きの塗料ですww

シルバー塗装するとこにマスキングを施して、メイン色のPS-61メタリックオレンジを吹きます!

初挑戦の色です!

 

おぉ~鮮やかなオレンジ~

3回くらいスプレー吹いたら、透けずにイイ感じに!

 

黒とオレンジの組合せはイケるか!?

 

ぎン色用のマスキングを剥がして、全体にぶっかけます!

シルバーがオレンジの裏打ちも兼ねているので、オレンジの発色が更に良くなりつつ、マスキングの手間もいらないという一石二鳥!

ギソ色は黒にも透けないのでマスキング要らずですねw

 

 

ぷしゅーーっとシルバー吹きつけ完了!

正確にはPS-41 ブライトシルバーですヨ~

 

オレンジにも裏打ち効果でメタリック感が出てきたかしら!?

ちょっとシルバー足りなくなりそうで焦りましたが・・

 

 

ポリカボディの皮むき

 

お待たせしました。

知る人ぞ知る、お楽しみの

ぺろんちょタイム

がやってきましたw

 

ポリカボディにはうすーく保護フィルムが貼ってあるので、塗装が終わったらフィルムをウヒウヒ言いながら全部引っぺがすのです!

それがあるから安心して黒マジックで表からデッサンができるわけですね。

 

では、、まずは爪を立てて、、

ちょっと破いたところから・・

保護フィルムを、じわじわめくり上げていきますw

 

 

じわじわ

 

じわじわ

ぺりぺりぺり・・

 

じわじわ

イーーッヒッヒッヒ!

 

ぺろんちょ♪

 

見よ!このテカテカなヌメヌメ反射を!

一気に光沢度が増します!

 

苦労が報われる瞬間ですなぁ~!!

 

うんうん、と頷いてくれたのはこれを経験したRC民の読者さんだけですなw

一般の方の、「ヤダ、キモイw」な反応も容易に想像できますが、アレと一緒ですよ!

 

新しく買った家電とか、TVリモコンなどの保護フィルムと!

こんなような色のフィルムあったでしょ!?

アレ、剥がすと気持ちイイでしょ!?

 

勿体なくてまだ剥がしてないご家庭もあるって??

確かに気持ちは良く分かります!w

でも・・

 

 

 

 

奥さん、今夜剥がしてごらんヨ、、

ぺろんちょ

 

【広告】

 

剥がしたあとは貼りますかな

 

あやうく話しが脱線しかけましたが、このテカテカボディを一層格好よくするには、付属のステッカーを貼っていきますヨ!

 

切り込みは入っておりませんので、曲線ばさみで切っていきましょう。

数が多いように見えますが、デミオボディ付属のこのステッカーは他車と比べるとちょっと少なめかも・・

今みたら、72個ありますね。

GT系のボディは100を超えますから、それに比べたら...

 

もうひたすらギリギリを狙って切っては貼って・・・

切っては貼って・・

貼っては切って・・・

 

チョキチョキ・・

チョキ・・チョキ・・

チョ・・

 

うがぁ!

 めんどくせぇ!!

 

くじけそうになります・・

挫折しそうになりますとも・・

 

それでも貼り続けるのは、完成したらカッコ良くなる事を信じて、、

なにより、ひとつ貼っていくたびに少しづつ見栄え良くなっていくので、どんどんテンション上がってハ、ハ、ハサミが止まらないんですぅ~!w

 

ステッカーをあてがい、ここに貼ったらバランス良いかな?

この余りステッカーを活かして、こう貼ってみよう?

とかとか・・

 

そして気付けばチュンチュン♪というスズメさんの鳴き声とともに、完成の雄たけびを早朝に上げるわけですヨ!

 

ふぅぅ!終わったわぃ!!

 

 

どーーーん!

ZooM ZooM ZooM ♪

 

イエス!マツダ!!

SkyActivのロゴがカッコイイー!

 

窓のスモーク具合もちょうど良さげ!

フロントタイヤハウスから流れるギソも流線的で良い感じ?

 

「魂動」の文字もカッコイイ!

 

黒地に白文字ステッカーは映えますなぁ~

 

簡易的ビフォーアフター

 

後ろからビフォーアフター

 

 頑張った甲斐があったナ・・

朝陽に照らされた完成ボディを色んな角度からニヤニヤ眺める至福のひととき。。

伸びたヒゲをジョリジョリ撫でながらご満悦w

 

肝心の軽量ボディの重さはどうなのよ!

 

はっ!

本来の目的を忘れかけるところだったわぃ!

完成後の体重測定をせねば!w

 

塗装吹いている時にも気になっていたのよねぇ。。

吹けば吹くほど、塗料で重くなっていくのではないかと・・

 

なので、いつもよりかは気持~ち早めにスプレーを吹き終わる感じで塗りました。

透けない程度に。

 

ちなみに前記事でも紹介した、塗装前のボディ重量は80g

 

そして塗装後、ステッカー貼り後は・・

 

・・

 

・・・

 

・・・・・

 

 

どーーーーーん!!

83g!!

たったの3gしか増えてない!!ww

 

 

ああ!!失敗した!!

 ステッカー貼る前に

  体重測定するべきだった!!

(くやむ40代の図)

 

 

純粋な塗装の重さが知りたかった!!

むぅ・・

この失敗は次回に活かしたい・・ 

 

しかし、軽量ボディは完成後で83gかぁ・・

ん?前記事のロードスターボディは何gだっけ?

 

軽量verではないロードスターは93g

軽量verのデミオは83g

その差・・・10g・・

 

チ、チリも積もれば・・かのぅ

(落胆は隠しきれない)

 

 

しかし!!

ロードスターはM寸だ!

L寸のデミオより、小さいボディなのだ!

小さいくせに10gも重いんだ!

つまりはデミオは超絶軽いんだ!!

 

という腑に落ちる考察結果がでましたw

 

まぁレース参戦のMシャーシが最低重量1350g規定だとして、0.75%の軽量化がボディだけで出来るよ!って事ですかな!?

 

または、ボディという重心の高い重量物が10gも軽くなる、という恩恵の方が腑に落ちるかw

 

みなさんも是非軽量ボディを買って、効果を体感してみてくださいね!

 

【1円玉10枚分も軽くなりまっせ!?】

 

【綺麗なメタリックオレンジでした!】

 

 【前記事です】