おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

車のキーレスリモコンが電池切れ? ディーラーよりも安く簡単に交換できる分解の仕方をご紹介!

 電波ってどうやって飛んでるんだろう? といつも疑問な、はせやん(@HaseOmiso)です。

 

そんな電波を利用した、今や普通となってる車のキーレスエントリー。

カギをわざわざ刺さなくてもエンジンスタートできる優れものですが、最初の頃はなんか懸念しててキーレスオプションを選ばなかったですねぇ・・

 

カギ回してセルを回さんと!

ワンプッシュでエンジン始動?

ゲームじゃあるまいし・・

(昭和生まれ)

 

しかもキーレス装着すると車体重量が10kgマシマシになるんですよ。

燃費も僅かながら影響あるでしょうけど、車のモデルによっては、その+10kgが重量税の境目だったりするパターンもありそうですねw

そうなると燃費以上の負担額がw

車購入の際は、オプション掲載による車重の増加も計算にいれたし!

 

 

さて、そんなデメリットな事ばかりズラズラ書きましたが、今の自分の車はキーレスで御座います♪

 

だってクソ便利なんだもんw

 (平成育ち)

 

家族の他の車をキーレスにしなかったのが悔まれます。

買い物で両手ふさがって食材運んでいる時に、いちいちカバンからカギをごそごそ探して出して、、

なんてやってられるかーー!!

 

あって当たり前になるとその恩恵を忘れてしまいますが、ある時そのありがたさが身に染みるわけです。

 

電池切れは突然に・・

 

そう、電池切れw

キーレスリモコンも電波を飛ばしたりするので、小さいボタン電池で動いております。

電池が弱まってくると、だんだんと発砲飛距離が短くなって、しまいにはドアノブ付近まで近付かないとリモコンが効かないとかに・・

 

リモコンが効かないという事は、ドアが開かないという事に・・

 

最後の微々たる電力を振り絞ってドアが開いても、今度はPUSHエンジンボタンが電波を受信できずエンジン始動できず・・

 

だってハンドル下にセル回す鍵穴自体が無いんですもの!

 

これって怖くないですか?

ねぇ奥さん…

(不安を煽るセールスマン)

 

たかが電池切れで、

  • 仕事中にエンジン動かせない (商談危機)
  • 緊急時に走らせられない(人命危機)
  • 旅先でドア開かない(ヨメ噴火で家庭崩壊)

 

あぁ…想像しただけでおそロシア・・

我々の快適なカーライフは、たかがボタン電池1つに脅かされているのですヨ!

 

「あがめたまえ」

 

キーレス電池交換費用

 

電池切れという恐怖から逃れる為には、電池交換しかありません!

(そりゃそうだ・・)

 

電池交換をディーラーにお願いすると、良心的な値段でも500円位はかかるそうで・・

 

まぁ500円位ならイイかなー?

 

でも、、

キーレスリモコンって予備含め2個ありません?

 

予備といえどもボタン電池を刺している以上、電池は減り続けている訳なので、メインキーの電池がなくなる頃には予備機の電池もそれなりに減っています。

 

なのでボタン電池交換は両方同時に行うのが良いかと!

 

となると、1個500円でお願い出来ても、2個だと1000円ですな。まいど♪

 

 

オイ! 話が違うな!

…それなら自分でヤル

(1000円から動く男)

 

【広告】

 

 

 キーレスリモコンの電池交換方法

 

 いつもながら前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ電池交換の手順ですw

自分のキーレスはスバル車のですが、他メーカーも似たような構造かと思いますので、ご参照をば。

 

まずは鍵部分を外します。

銀のポッチをスライドするだけで簡単に外せますヨ♪

ちなみにキーレスで施錠した後に、この鍵でドアを開けると警報が鳴り響くので要注意!

電池切れの時にやりがちなパターンですw

 

横の割れ目をツメでこじ開けます。

ちょっと怖いけど多少強引にやっても大丈夫かと。

内部の爪が割れたり折れたりする構造にはなってない感じがします。

 

パカッ

 

御開帳

防水ゴムが貼ってあるんですねぇ。

シンプルな作りですね!

 

基盤はのっかっているだけなので、ひっくり返すとボタン電池様とご対面。

こんな所にお隠れになられていたとは・・

ありがたやありがたや・・

 

なんか梅干しの種の中の

天神様を思い出すなぁw

 

おススメ電池や注意点など

ボタン電池を取り出し電圧測定。

もう弱りすぎて車体側でも認識できなかったから、規定の3Vは余裕で切ってそうな・・

 

あら?意外とあるのね・・

てっきり2v台かと思ったけど・・

 

100キンのダイソーさんでボタン電池買ってきました!

スバルのエクシーガの場合の型番は「CR1632」ですヨ!

たぶん他社の他車wでもこの大きさかと思いますが、1度ご自分のキーレス開けてみてご確認を!

開ける練習にもなりますし!

 

 

買う時の注意ポイントは、使用期限切れになっていないかどうか。

たまーーーにあります。

期限切れ近いのに商品棚に鎮座したままのボタン電池様がw

 

 

型番の由縁は、そのサイズからなんですねぇ。

これを覚えておくと便利ですよ!

 

大きさ同じで容量少なめの薄い版はCR1620か、、など。

逆に直径大きい版は、CR2032か!など。

 

同サイズで厚さ増えても大丈夫な構造なら、あえて容量UP版を狙うもコスパ高し!

(元がCR1620に、CR1632を入れるなど。1.2mmの余裕があれば)

 

 

100キンでは1個だけど、ネット通販ならまとめ売りが驚くほど安く手に入ります!

予備機のキーレスもあるし、まとめ買いがおススメ!

 

自分もネットで買ってたのに、存在忘れて100キンで買ったという・・バカだねぇ・・

 

無駄に高く買ってしまった!

チキショーーッ!

(コスパ低下に苦悩する大人)

 

「苦悩する前にぽちっとなw」 

 そんなにいらないよ?と思われるかもですが、予備機含め2個交換した後も、自分は車のダッシュボードに入れております!

 (自己責任でおなしゃす!)

 

外出時の電池切れの際も、アナログキーでドア解錠してダッシュボードから電池を取り出せばキーレス復活!!

 

これならいつ電池が無くなっても安心ですね!!

脅かされていたボタン電池の呪縛とも、もうおサラバですw

 

電池交換の続き 

さてさて、新しく取りだしたボタン電池の電圧を計ってみましょう。

使用済みは3.05vだったけど、どれくらいになるかな?

 

あら?

3.1v?

使用済みとの電圧差、0.05v

確かに若干は電圧上がったけど、、こんなもん?

 

試しに忘れ去られていたまとめ買いの新品電池も計測してみたけど、似たような数値。

 

新品なのに使用済みと変わらぬ電圧…

大丈夫なのかしら?

 

まぁ実際に使ってみなければわからない・・

電池を入れ替えてテストしてみよう。

 

安心の三菱マークの国産電池・・あれ?

インドネシア製だw

 

外した手順よりも簡単に元通りにハメ直し、いざ車へ!

 

すぐ近くでリモコン解錠しても新電池の効果はわからん。

ここはあえてちょっと離れた所から。。

しかも屋内からw

15mほど離れた室内からぽちっとな♪

 

「ピッピッ♪」

 

 

 おぉ~開いたw

 

電圧差はそんなになくても、明らかに新しい電池の方が電波の飛びが良い!

 

想像するに、古い電池だと電波を発信する際に電流足らず、急激に電圧下がってうんともすんとも言わないのかと・・

新しい電池だと、電流量に余裕があるから電圧キープしたまま電波発射できるのかな?と。

(電気詳しくないから想像だけどw)

 

これって今持っているキーレスの電池残量知りたくて、テスターあてて計ってもムダという事かしら!?

 

着目すべきは電圧では無くて、目に見えない電流量かと!?

 

 

目に見えないから着目できないねぇ

新品買っちゃいないヨ、奥さん…

 (意外と正論なセールスマン)

 

まずは交換してみては!?

 

写真でご紹介したように、キーレスを外すのは簡単に出来るし、電池も安く手に入りますので、1回試しに交換してみてはいかがでしょうか!?

 

キーレス電池、2年持てば良い方かと思うくらいの減りっぷりを感じます。

  • 2年毎に2個のキーを1000円以上払ってお店に任せるか?
  • 数百円で予備の電池含めて安く多く持っておいて、いつでも交換できる安心も合わせて買うか?

 

これから長く乗っていくカーライフで、余計な出費は押さえて行きたいですね!

 

「備えあれば憂いなし!ってねw」