おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

ラジコンタイヤ「ラッシュ」「ソレックス」「スイープ」を揃えて草レースに参戦! グリップ感や摩耗具合をチェック!

タミグラ以外のレースにも参戦して武者修行している、はせやん(@HaseOmiso)です♪

 

ひ弱な「おメンタル 」を鍛えるには、実戦に出まくるが一番!

タミグラとはまた違う路面や、レギュレーション、レースシステムで走ると色々と勉強になります。

 

そこで腕もメンタルも鍛えて、本番のタミグラで活かせるようにしたいですね♪

 

草レースの会場に合うタイヤ探しもまた勉強になります。

まずはタイヤを合わせない事にはセッティングもへったくりも無いので、色んなメーカーのタイヤを勉強中です。

 

前回は、SOREXとSWEEPの紹介でした。 

【過去記事】

www.omiso.blog

 

前記事には無かった補足というか、製作工程の接着部分を先ずはちょっとご紹介です♪

 

 

脱脂してホイール接着

 

タイヤの銘柄は違えどホイールは同じな方が、より違いが明確になるかな?

と思いまして、タミグラエントリーで頂けるメッキホイールを用意しました。

 

子供と一緒にエントリーするので、どっさり貰えるのですw

ミディアムナローのオフセット0ですね。

 

メッキはカッコイイので好きですが、瞬間接着剤のノリが悪い?とかの話もチラホラ・・

なのでよく脱脂をしてから装着しております。

 

脱脂してもメッキごと剥がれちゃう、との事ですが自分は今までその経験は無いですねぇ…

使いこみが甘いのかしらw

 

 

ホイールは勿論、タイヤもクリーナーで拭き拭き…

キムワイプが取れた油?で黄ばんでおります。

脱脂、やっぱり大事ですねぇ~

 

 

キュッキュと瞬接のノリも良さげになってきたら、まずはホイールにはめて、モミモミして馴染ませましょう♪

 

 

揉みしだくほど…

馴染んでイクんですよ…

奥さん・・

(これはタイヤのお話しです)

 

 

ハメ終えたタイヤちゃん。

左がSWEEP

右がSOREX

 

SWEEPは低扁平タイヤっぽく見えるw

SOREXの方がブカブカして見えますねぇ

 

 

並べてタイヤ面から見てみるけど、そこまで違いは感じられず。

どのタイヤも真ん中に成型時?の跡が残るんですねぇ。

大判焼きみたくサンドイッチしているのかしら。

 

 

直径を計ってみる。

SWEEPは62.5mm

 

 

SOREXは63.8mmくらいかしら

こちらの方が1.3mmほど外径がでかいかも。

 

 

では接着していきましょ♪

初めての頃はいつも難儀してたこの作業も、回数重ねるごとにちゃっちゃと出来るようになりました。

右のチョコ缶は接着材の保管容器ですw

 

【自販機で売ってます?】

 

 

タミヤの接着アダプターです。

これがあれば、接着剤の流し込みも一瞬で完了ですw

 

【M車のタイヤにも使えます】

 

瞬着流しこんだら、このようなバンドで固定します。

特にタミヤのタイプCはホイールに対してブカブカなので、ゴムバンドで均等に固定しないとブレる原因になるかも・・

 

 

ヨコモさんから10個入り120円で販売しております。

バギー用にもっとぶっ太いのもありましたw

 

 

径の小さいMシャーシのタイヤにも使えますヨ♪

M車こそタイヤのブレは致命的になりますしね…

自分はなるべくブレが少ないのをリヤタイヤに回します。

 

 

すぐすり減って前後ローテだけど…

(もうちょい長持ちして…)

 

黄色いハチマキ感がなんともかわゆす♪

 

 

空き缶の中に入れておけば紛失防止にもなりますね!

(以前自分は2回失くした…)

 

 

接着した後のタイヤ達。

ピカピカが眩しいぜぃ~

 

 

SWEEPは押しあてるとスベって動くけど、

 

SOREXは微動だにせずw

それだけホイールからタイヤがはみ出してブヨってるんですねぇ。

 

 

ベルトの上から ぽにょ♪ってくる

我が愛しきメタボ腹のようだ…

(ダイエットなんて無駄な抵抗)

 

 

 

 

 

RUSHのタイヤを買ってみた

 

 前記事にも書いたように、2種類のタイヤを買ってカーペット路面のレジャランでテスト走行してみましたが…

いかんせんSOREXがビックリする位に食わなかったんですね…

  • カーペットと相性が悪いのか。
  • インナーの組合せが悪いのか。
  • 温め不足でウォーマー必須なのか。

 

むぅ…せっかく作ったのにぃ…

 

今度の草レース

アスファルトだけど心配になってきた…

(アスファルトコースが近くにない)

 

実際に走ってみなきゃグリップ判らないし…

2種類のタイヤでは不安になってきちゃいました。

 

ましてや長男も参戦するので、タイヤセットは数が必要になりますし…

いてもたってもいられずに 、チャンプへGO!

(レース前日w)

 

 

買ってきましたw

RUSHのプレミアムグリップ32s VR2です♪

 

 

名前が長いので、おっさんには覚えきれません・・

「ラッシュの32」

これでいいのかなw

たぶん細かなグレードはありそうだけど、ひとまず。

 

 

明日のレースで今回は作成時間がないから、最初から完成品(貼り完)を購入です。

インナーを選ぶ手間も無いし、接着済だし、バラバラに揃えるよりもトータルでちょっとだけお安いのも良いですね!

 

 

ジップロック式になっているのもうれしいですね!

この気配りは。。もしや・・

 

 

裏タグを見ると、やっぱりメイドインJAPAN!

千葉県産なんですねぇ♪

 

 

接着済とは思えないキレイさ!

どうやったらこんなに上手く瞬着流せるんだろう・・

機械でやってるのかな?

 

 

ロゴ入りでメーカー判別も助かります♪

 

 

って、ホイールにもでかでかとあるので判別大丈夫かw

このロゴのミゾ・・

いつか子供に塗り絵されるパターンだな…

(あいつすぐ塗るからな…)

 

 

表面はSWEEPに近い感じがするけど、微妙に違う手触り。

同じゴムから出来るとはいえ、各社違うのが面白いですねぇ。

違いを生み出すコンパウンドってなんだろう・・

 

 

 

 

 

草レースで走ってみた!

 

レース当日。

ほぼ新品のタイヤを片手に、若干不安を抱きながらレース会場へ。

 

 

この3つとも食わなかったら…

どうしよう…

(心配性なO型)

 

前回はタミヤのアスファルト用タイヤ、

  • スーパーグリップ ラジアル
  • スーパーグリップ スリック

を試したけど、ここは氷の上ですか?と…

タイプCにしても同様で・・

 

当然レース結果は散々で、常時ひとりドリフトをして醜態をさらすということに…

 

そんな事があったので、3種類も買って不安をぬぐいたい気持ち、、

伝わりますでしょうか?w

 

いざコースイン…

 

ドキドキ…

練習走行で、まずは3種類のグリップ感を試してみる。

 

・SWEEP

レジャランのカーペット路面では一番食ったタイヤですが、アスファルトではあまり食わず…

 

それでも前回のタミヤタイヤよりかは少し食うけど、とてもレースには出られるほどではなかったです。

 

真逆な路面になると、ダメなんですかねぇ。

さすがにカーペットもアルファルとも、どっちも食うタイヤというのは虫が良すぎる話しかw

 

 

・RUSH

前日に急きょ買ったタイヤなので、レジャランのカーペットではテスト出来ず。

いきなりアスファルトでの感触チェックでしたが、悪くはなかったです。

SWEEPに比べてかなり食う!

 

でもちょっと神経使う感じで、スピード乗せすぎるとズリズリアンダーで曲がらないし膨らんでいくw

これはこれで面白いけどw

まぁキープですかねぇ・・

 

・SOREX

カーペットでは全く食わなかったけど、アスファルトで化けました!w

 

なんじゃこりゃ!

めたくそ食う!ww

(気持ちいい~)

 

まったく期待していなかっただけに、驚きの結果にw

 

今まで、あの氷の上のような感覚だったのに、なんて言うんだろう…

重力で引っ張られて路面に押さえつけられている感じ?w

 

タイヤによってここまで変わってくるんですねぇ!

改めて「セッティングの8割はタイヤで決まる」というのを痛感しました。

 

 

これは楽しいや~!

と、るんるんで走っていたら、

 

 

そのタイヤ良さそうだね

それにするわ

(長男)

 

え…

あ、はい。。

 

息子にカツアゲされてしまったので、自分はグリップの薄いRUSHで参戦することに・・

 

ま、まぁ、いいや。

それくらいハンデを与えてやるか

(震え声)

 

一日を通して、SOREXとRUSHで走りましたが、グリップ感も変わる事なく安定して走行できて、とても楽しめました!

タイヤってホント大事だなぁ!

 

でも次回で気温や路温があがったら、今度はSOREXが食わないかもしれないので、いろんなタイヤの種類を用意しておく必要がありそうですね!

 

 

 

 

 

タイヤの摩耗チェック!

 

レースも無事に終わり、帰宅後にタイヤがどれくらい減ったかな?とチェック。

 

RUSHの32タイヤ。

真ん中のつなぎ目もうっすら確認できるし、そんなに摩耗している感じは無さそう。

 

 

若干グリップが薄かった分、持ちは長持ちだったのかな?

表面もイイ感じ。

今度はこの状態でレジャランのカーペットを走ってみよう♪

 

 

こちらは息子が使っていたSOREXの28。

結構ささくれて摩耗している感じ。

真ん中はそうでもないけど、両サイドの摩耗が激しいな・・

 

あ!そういえば!

【SOREXのアドバイス】

 

LSインナーだとサイドが破れる!!

まさにその前兆か!!ww

  

これか!

この両サイドの反りあがり肩パットが原因か!!w

 

むぅ、、

次回はインナーを変えた方が良さそうじゃのぅ…

 

 

 

って、ホイールが砕けとる!

あいつめぇ~!!ww

当日もCハブも両サイド壊したし、、

まさかホイールクラッシャーもしてたとは・・

 

とはいえ長男はリポブラシレスな6.6ギヤ比で走った事なかったので、まぁしょうがないかw

それでもすぐにその速度の扱いにも慣れて、とても楽しそうに走っていました!

 

自分と親子チキチキを高速バトルで楽しめたのでヨシとします!w

 

 

父はちょっと食わないRUSH

お前はバリ食いSOREX

それでチキチキ。

この意味わかるな?

フゥフゥ…

(父の威厳Forever)

 

次回は負けないように、自分もバリ食いタイヤなSOREXを用意しておこうと思いましたw

温度域も上がるから36Rくらいかな!?

 

いや~、RCってタイヤ選びも楽しいですね!