おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

【RC日記】とある草レース用にタイヤ、インナーを準備! 子供と一緒に参加するという事について考えされらたメカニック地獄w

長男と一緒に親子でレースにちょいちょい参戦しております、はせやん(@HaseOmiso)ですw

 

今回は時々開催される、とある草レースに参加してきました!

 

このレース、ちょっと事情がイロイロあってネット上では写真や動画含めて詳細非公開なんです…

なのでとてもブログ記事向けではありませんw

 

レース参戦するに準備した事や、当日の体験記を文字ベースで軽くお伝えできればと思います♪

 

とにかくタイヤ命!

 

レース会場は普通のアスファルトで、砂が浮いている状態なのでコンディションはあまり良いとは言えないかもです。

 

自分はアスファルト路面なRCサーキット場をほとんど走った事がないので、他との比較のしようがありません。

 

ですが、他のサーキット路面を知っている参加者から聞くと、グリップは薄いと・・

 

とにかく食うタイヤの選択が重要なので、メーカー、温度帯の硬さなど色々試している最中です。

 

前回のレース参戦時に色々試して、ソレックス製のタイヤがどうやら良さそうだという目星は立ちました♪

 

【ソレックス教に入信w】

www.omiso.blog

 

 

新たに買ってきたソレックスの32R!

4月開催の前回は28Rでバリ食いしてたので、気温が上がった今回は32Rかな?と…

 

合わせるインナーが良く分かっておらず、同じソレックスのType-Bというのが良いらしいと伺い、タムタムへ直行!

 

これかな?

早速お買い上げした後にTwitter確認してみると・・

 

どうやら違うのを買ってしまったようですw

ファームは少し固め?らしいので、一度使い倒したタイヤから剥ぎ取れば中古インナーとして運転しやすくなるみたいです。

 

本来狙ってたType-Bのミディアムは現在生産していないという情報も別の方から頂きました。

 

 

むぅ。。

ではインナーはどうすれば…

(今後の課題)

 

 

 

インナー探して三千里

 

 

間違えて買ってしまったといえど、捨てる訳にも行くまい…

まずはどうなのか使ってみて自分で体感しない事にはね!

体感データを蓄積していこう!

 

 

タイヤの中に納めた感じ。

特に変な違和感も無かったです。

めっちゃ軽量なLSインナーの時は、すげぇ材質だな!?

と思いましたがw

 

【肩パット?な反り具合w】 

www.omiso.blog

 

32Rに無事にフィット。

同じメーカーのソレックス同士だから当然かw

でもそれって安心ですね♪

 

 

【インナー情報頂きました!】

 

ありがとうございます!

あの広坂正美さんが開発したというインナーがあるのですか!

 

早速RCショップ「チャンプ」さんへ!

 

 

039M…

ゼロサンキューエム…

ぜろさんきゅうえむ…

(怪しい客の入店)

 

忘れないように念仏のようにぶつぶつ言いながら、ブツを発見!

 

 

コレだ!

触った感じめちゃ薄い…

タグにも「極薄タイプ」と書いてある。

極薄だけど、多く走る日も安心なのかしら…

 

RC仲間チームの°M☆Nightのメンバーから、ソレックスとインナーを買ってこいとパシられてたところだったので、、

 

 

よし・・

彼には人柱になって頂こう…

良ければ自分も使うするか…

(ダークはせやん)

 

ちょうど草レースで一緒になるので、その時に感想を聞いてみるとするか・・

くっくっく…

 

 

どさどさっ♪

彼の32Rとレジェンドインナーを買い物かごへ…

 

 

高温になった時用に買ってた36Rのインナーが無かったので、AXONのも評判良さげだったので自分はこっちを買いましたw

 

 

ついでにMシャーシのタイヤとかも色々見てましたが、コレって使えないですかねぇ・・

 

60Dサイズだから、Sグリなどと外径負けもしないと思うんですが…

ラジアルはすぐに溝が減ってしまって、なんか消耗感がイヤなんですよねぇw

これなら溝無しなツルツルスリックだし。

 

 

温度帯も25度くらいからイケそう。

掛川戦とかにはダメなのかなぁ…

試しに履いてみたい・・

 

 

 

レース当日♪

 

この草レースにお誘いしたRC仲間の方たち、FORZAさんBunboさんを最寄り駅でピックアップ!

 

Bunboさんは今は無きイエローサブマリンをホームとしてた方のようで、ホームレースでの年間チャンピョンだったとか!

 

FORZAさんも今年からタミグラ復帰されたのに、もう自分はあっさり成績を抜かれておりますww

 

 

すごいゲストを呼んでしまった…

こりゃ勝てない…

勝てる訳がない…

(ハードル上げてしまった…

 でもドMだから喜んじゃう)

 

 上手な方と一緒に走って、爪の垢を煎じて飲ませて頂きます!

 

 

長男坊も合わせて計4人分のRC機材を車に詰め込み、いざ会場へ!

 

 朝一の練習走行

 一番グリップが薄い状態の路面。

長男には、まだコースに慣れていないし、全力でギリギリ走らなくていいからな!

と言っているにも関わらず、いの一番でコースイン。

 

ガシャーン!

グシャーン!

 

なんかイイ音が鳴り響いているが・・

相変わらずケツ滑らせて、オレカッコイイダロ?的な走行をしている模様。

この悪いクセ、何度言っても直らない・・

そして何やらPITに帰ってきた。

 

その手に持ってるマシンのフロントタイヤが、脱臼した腕のようにプラプラしているのは何故だろう…

お父さん、よくわからない。

現実を見たくない。

 

 

なんか外れたんだけど?

(長男)

 

なんかじゃネーダロ…

良く見たら、サーボのギヤが根こそぎ折れてやがる…

 

ボキ♪(自宅撮影にて)

 

ここが折れるなんて初めて見たワィ…

どうすんだよ、コレ…

 

 

予備サーボはフタバのS9571SVを偲ばせていたからブツはあるのだが・・

 

息子のマシンはTA07

  1. 壊れたサーボを取り外して、新しいサーボを取り付け…
  2. いや、そのまえにセンター出しをしなくては!
  3. あぁぁ!折れた部分がハイトルクサーボセイバーに詰まっちゃってる!
  4. 予備のサーボセイバーを組み上げないと!
  5. 壮大な工程に父、白目剥いて瀕死

 

これからやらなきゃいけない、そしてそれにかかる時間を考えると、レースはもう始まっちゃってる頃かと。。

 

 

えぇい!

お前のGTクラスは今日は棄権だ!

変わりにMクラスに出ろ!

 (焦る父)

 

間に合わない修理は諦めて、自分がGTとMにダブルエントリーしていたので、Mクラスを譲って子供にやらせるしかない!

 

すぐに受付でコトの事情を説明して、変更して頂きました・・

 

もうポンダー番号など計測PCに打ち込んでいる所に余計な仕事を持ちこんじゃいました・・

 

 

ったく、、前回もマシン壊しまくって、その修理ばかりやらせれてたけど、今回もかよ…

と、イラだちながらもM-.07を息子に渡して、息子の4plsとペアリングし直す。

 

 

・・あれ?

 

ペアリング出来ても、ステアリングが動かない・・

モーターは動く。

 

 

そうか…

このサーボ…

SRモードに書き換え済だった…

 

ご丁寧にSRモード書き換え済シールまで貼ってあるサーボに、ノーマルモードしか対応していない4plsでは操縦できない罠

 

 

詰んだ・・

 

自分の7PXを息子に渡すか!

そして自分は4plsで、父用TA07を操縦するか!?

 

・ ・・・ん?

 

あぁぁぁぁ!

そっち(父TA07)のサーボもSRモードだよ!!

 

【諸刀の剣?】

www.omiso.blog

 

 

もうどうにもならんん!!

ンヒィィィ!!

 

周りはどんどん練習走行をいっぱい走って、ニコやかにセッティングを煮詰めているというのにぃ!!

 

ひとり鬼の形相で汗だくになって醜態をさらしているアタクシ・・

 

会場MC

「はーい、では5分後に第1予選始めます~!」

 

 

 

 

 

ぬぅぅぉぉぉおおお!!!

(ふんふんふんふんっ!!!)

 

千手観音バリに手が残像しか見ない光速作業!ww

 

息子TA07から壊れたサーボをもぎ取る!

サーボセイバーももぎ取る!

センター出しOK!セイバーハメOK!

マシンの中に組み込み完了!

受信機への配線完了!

スイッチ類の両面テープ固定完了!

PIT前で走らせトリム調整OK!

 

 

・・・

 

 

 

ふぅ、、間に合った…

もうダメかと思った…

(父の残HP・5)

 

奇跡的になんとか間に合わせて、息子は当初通りGTクラスに出場へ。

再度受付にダッシュして、またもやの変更願いをペコペコ・・

頭下げ過ぎて首がもげるかと思ったけど、すごい迷惑かけてしまいました・・

 

 

MC 

「ではレース開始します~」

 

 

はっ!!

まだレース割り振り表も見ていない!

 

ってか・・

M車の練習走行、まだしてないヨ!!

 

 

ぶっつけ本番とか!

もうヤダ!

帰りたい!

(これぞドMな試練。

 むしろご褒美か?)

 

 

 

予選を終えて・・

 

2回の予選を終えて、お昼御飯タイム。

 

こぽこぽこぽ・・・

 

持ちこんだ電気ポットがお湯を沸かす音でしょうか?

それともワタシの口から泡が出ている音でしょうか?

(白目)

 

 

予選結果が悪くて泡を吹いていた訳ではありませんw

幸いにもGT、MクラスともAメイン入りを果たせました。

 

が・・・

 

 

また壊したのか・・

オマエ・・

(何度壊せば・・)

 

またもや長男マシンがCハブ直下のアップライトを折ってくれました・・

 

また修理に面倒な所を折ってくれたな!!

 

急いで直している間にも、周りはお昼の練習走行をいっぱい走って、ニコやかにセッティングを煮詰めているというのにぃ!!

(デジャブ)

 

 

MC 

「では決勝レース開始します~」

 

朝一のドタバタの再来か!!

 

途中経過は割愛しますw

なんとか修理完了して決勝までには間に合った・・

 

でも・・

 

もう真面目な話。

いつもこんな感じに子供に翻弄されて自分のレースやセッティングなどに没頭できないのはいかがなものか?

と常々考えてました。

 

イライラしている雰囲気も、折角楽しみに来ている周りの方に迷惑にもなるし・・

いっそもう連れてこない方がいいかな・・と。

 

そんな事を考えてた矢先、PIT対面にいて様子をずっと見てたBunboさんが、

 

「いやぁ~、過去の自分を見ているようだなぁ~w」

 

とおっしゃってくれました。

父親によくそういう風に怒られてましたよ~と・・

 

めたくそ上手いBunboさんにもそんな過去が!

その時のお話しをPITで色々聞かせて頂きました。

 

うーん、今は親として耐えるべきかなぁ、、

と思いなおしました。

 

折角参加した子供らが怒られてばかりで楽しめなくなって、将来的にRCをしなくなってしまうのは、それは一番勿体ない話しであって・・

 

ある程度壊したりしてしまう事はしょうがないのかなと・・

 

だからと言って壊しまくってもいい理由にはなりませんが、リポ15.5Tギヤ比6.6なレギュは、ちょっと子供には速いのかもしれません・・

 

それをやらせている自分にも責任があるかな・・と。

 

そんな事をぼーーっと考えながら、トラックレーシングのマーシャルをしていた時・・

 

 

こ、これだ!!

このゆっくりな速度域!

当たっても壊れにくい!

 

ノーマル540モーターの低速チキチキレース!

トラックの巨体で動きも見やすくて、まったりな感じ!

 

しかもシャーシはTT-01か02だ!

ちょっとやそっとじゃ壊れないww

 

かっとびスピードで息子も壁ドンすることが無いし!

曲がらないトラックを曲げるアクセルワークの強制練習にもなるし!

なにより破壊されて直す作業から解放されるわ!!ww

 

よし!

これで親子ともども、それぞれのレースに没頭できるハズ!

 

 

おまえ・・

次回からトラックな。

なお異論は認めない。

(父の威圧)

 

 

え?

え・・・?

 

よし!

本人の承諾も得られたので、次回からはトラックを用意せねば・・

 

【購入の正当な理由が出来たヨシ!】

 

 

 

 

決勝レース!

 

Mクラス

スタート直後のクラッシュで場外の彼方に吹き飛ばされて心が折れましたw

リポライトチューンな速度域は吹き飛ばし力もバツグン!

 

8分決勝なので、まだ先は長い!

 

気を取り直しつつ、メンタル崩壊を抑えつつ、淡々と周回数を重ねつつ・・

 

チーム内で最速ファステストを記録しつつ最後尾から追い上げるも、なかなか追いつけず。

 

タイムにムラがあって、速い時と遅い時の差が波打ってるようじゃまだまだ・・

 

 

それでも辛抱強く走った結果、Aメイン2位の準優勝でした!

 

いざフタを開けてみれば、°M☆Nightのメンバーで1.2.3を独占!

 

デミオ軍団で勝利を勝ち取りましたw

これぞ夜な夜なの練習の賜ですね♪

 

【朝日を浴びるまでM車を転がす♪】

 

GTクラス

クラッシャーな息子はBメインで奮闘してました。

ボディをBRZから、フェラーリF12に変えたらすこぶる感触が良いと。

 

 

いいね、これ。

すごい操縦しやすい。

 

ほう・・

じゃぁぶつけるなヨ?

 

ウィングレスで予備で持って行ってたけど、いつのまにやらウィングをBRZから移植して走らせてた模様。

 

リポ15.5Tなスピード域だと、ボディ違いもより顕著に出るのかもですね!

 

でもいかんせん、まだケツ滑らせて進入させようとするクセ走りをし続けている・・

まぁそのうち本人が気付くだろう・・

 

 

自分はAメイン7番手からスタート。

自分が参戦しているゆっくりめなタミグラカテゴリーと違って、握ればどんどん加速しちゃうので、その扱いはとても難しく・・

 

タミグラだと、ほぼ握りっぱでコーナー進入時に一瞬抜く程度だけど、ここだとそれやるともう曲がり切れず一直線に壁どんw

 

しかもめっちゃ狭いシケインの連続。

 

 

曲げる為には…

アクセルを抜かなきゃいけない…

 

そう分かっていても、競っている時にアクセルを緩めるのは凄く勇気が要る事ですねw

 

速いカテゴリーは、そこの自制心との戦いですねw

 

握りを我慢して惰性で進入させたり、切り返しは煽りアクセルで立ち上げたりと、とにかくアクセルワークがめっちゃ重要。

 

用意した32Rのソレックスも、そんな丁寧な走らせ方をしたら、ほぼ満足なグリップ感を発揮してくれました!

 

予選時は、そこまでアクセルワークを意識していなかったので、スリッピーでグリップ不足にぶーぶー文句を言っておりましたがw

 

でも色々なメーカーを試しましたが、ソレックスは鉄板かと思います!

 

【活かすも殺すもドライバー次第w】

 

そういえば人柱インナーw

あ!ちなみに人柱?のレジェンドインナーのタイヤ!!

ご本人は「めっちゃ食う!」とご満悦!

 

え!ちょっと触らせて!

 

モミモミしたら、自分と同じ32Rのタイヤなのに全く感触が違う。

なんかブカブカした空間がある感じ。

 

自分のファームBのは、ペタっとした低扁平タイヤな感触。

 

 

これは良い感触ダナ…

よし、次回は人柱インナーを

買うことにするか・・

(正確にはレジェンドインナーです)

 

 

 

決勝結果

 

GTクラスはAメイン5位で終える事ができました!

強豪のFORZAさんBunboさんに続き、47周も走ったのに1周差で収められたのが嬉しかったです!

 

次回はTA07じゃなくて、ハイエンドマシンを用意して再挑戦したいですw

 

 

今回の草レース。

お二方の上手い走行を見学して、改めてアクセルワークの大事さを学びました。

 

見て、自分でも実践して、習得する。

 

見学の大事さを痛感しました!

そして自分の中で定着したイメージとして、

 

 

アクセルも

第2のハンドル!

 

ステアリングホイールだけでなく、アクセルもステアリングの一種と考えると、積極的にアクセルを緩めにいけて躊躇する事がなくなりました!

 

「アクセルはただの加減速だけ」

と捉えていると、緩めることへの抵抗はいつまでも拭え無さそうです。

 

これが改めてわかって、レースでも実感して、結果として出せた今回の草レースは大いに意義がありました!

 

そして息子は・・

 

Bunboさん

「よし!キミにこれをあげよう!」

 

最後に息子に素敵なボディをプレゼントしてくださいました!!

 

うぉぉぉ!めちゃカッコイイ!!

フェアレディ~~ゼーーット!

 

ウィング付き!

しかも軽量ボディであります!!

すげぇぇ!

 

 

こんな素敵なボディを頂けたお礼は、、

来月7/7に横浜みなとみらいで開催されるタミヤRCカーグランプリで、「親子NISANグランプリ」のカテゴリーに参加して、自分ら親子が優勝してこのボディを表彰台まで持っていくしかありません!

 

 【体験会もあるのでぜひ!】

www.tamiya.com

 

帰りの車内で疲れ果てた息子は、このボディを抱きながら寝ておりましたw

 

また次回の草レースも参加して、親子共々色々学びたいと思います!

 

【人柱インナーも買わねば…】