おみそブログ

未知なる 「そこがミソ」 を発見しよう!

ハードコートピニオンなのにイモネジ穴が舐めちゃった! ノーマルを定期交換すべきかな? でも穴開けでセコく再利用してみましたw

自分の人生の歯車は4?ターンに突入している、はせやん(@HaseOmiso)ですw

 

27ターン位の頃に、人生ポッキリ歯車折れかけたけどw

 

17ターンの頃が一番トルクフルに回っていたな~

 

 

部活にバイトに…

青春してたなぁ~

(RCはしてなかったケド)

 

人生100ターンまでは元気に回っていたいものですな。

 

さておき、そんな頑丈なピニオンを求めて自分はいつもハードコートピニオンを使用しております。

 

【特に20TがM車でおススメ】

 

表面がフッ素コートなのかな?

滑らかだし、摩耗もノーマルピニオンと違ってほとんど減りません。

というか変えた事がないですw

 

でも、先日イモネジを締めようにもスルスルと回転しちゃって…

イモネジの所のネジ穴がナメちゃってました…

 

外しは出来るけど、締め付けが出来ない。

ハードコートと言っても内部は普通のアルミですしねぇ…

 

実はネジ穴舐めるのはこれで2個目なんです。

普通のAVピニオンではこんな事は起きなかったような…

たんに使用頻度が少ないからかな?

 

 

勿体ないけどゴミ箱行きか…

(500円するのよね)

 

と思いながらも、コトの有り様をツイートしてたら、、

 

と、神リプが!ww

そうか!アルミで柔いからドリルで穴開けられそう!

 

ん?

でもそんな事したら重心ズレちゃうのでは?

僅かだけど…

 

でもそんな疑問にも

 

と、納得感ハンパないお答を頂き、五臓六腑に染みましたw

 

どうせ捨てちゃうのなら、ダメもとで穴開けに挑戦してみよう!!

 

 

ピニオンに穴開けられるかな?

 

とはいえ、どでかい穴開け専用ドリルなど持っている訳でもなく…

へなちょこなドリルしか持っておりません。

まぁとりあえずぶっ刺してみよう…

 

 

動かないように万力で固定

端っこじゃなくて真ん中で押さえるべきでしたねw

 

 

まずは1.5mmのドリルビットを電動ドライバーで回します。

ぐりぐりぐり~♪

 

 

おぉ!掘れてる掘れてる!

削りかすが巻くトグロ萌え♪

 

 

ずぼっ♪

見事に貫通です。

 

【RCの穴開け作業でも使ってます】

 

Cハブのシャフト通す所とか、5mmアジャスターに穴開けて六角ピロボールにアクセスしたい時にもおススメ!

1.5mm、2mm、2.5mmがあればコト足ります!

 

 

綺麗に貫通して反対側までトンネルが出来ましたw

このドリルビットは手で回すのではなく、電動のドライバーを使います♪

自分が愛用しているのはコレ!

 

【RCのネジ外しも快適!】

 

安いし、単3電池駆動だからコードレスだし、なにより回転速度がRCのネジ向き!

早くも無く、遅くも無くちょうどいい!

 

たぶん人の手で急いで回している速度の2.5倍くらい。

だから締め付けでもギリギリまで電動で任せられます。

(タイミングが計りやすい)

 

トルクも必要以上に無いので無理にネジ切っちゃう前にドライバーが根を上げると思いますw

未だ手作業でネジを外したりしている方には是非試して欲しいw

 

【六角ビスにはコレ使ってます】

 

この中で使うのは2mmと2.5mmです。

主に2mmを使うので、単品六角ドリルを探してみるのも良いかもです。

1.5mmなピニオンやリバウンド調整のイモネジには電動は要りません!

手動の感覚が大事です。

 

 

1.5mmの穴が新たに開いた側。

今度はこっち面を表にして…

 

 

さっきよりちょっと太い2mmでゴリゴリゴリ~♪

 

 

ずぼっ♪

一度空いた穴を拡張するのは一瞬です。

こりゃ簡単でええわぃ~!

 

 

って、あれ・・

 

 

穴の位置が…

ちょっと上付きですね…

奥さん・・

(もっと下から突かないと)

 

 もともと空いてた側の位置はというと・・

 

綺麗にど真ん中・・

でもこうやって見ると、下側けっこうギリだね~!

 

 

こりゃ正確に真ん中通さないと、上下にスペースの余裕は無さそうだ…

 

 

 

 

 

タップを切る

 

次の工程は、開いた2mmの穴に2.5mmのタップを立ててみました。

 

とはいえ位置が歯車側にズレてるからなぁ・・

穴を拡張したら、歯車も削っちゃいそう。

 

えぇ~い! やってしまおう!

ゴリゴリゴリゴリ…

 

タップ完了!

案の定タップが通った軌跡が歯車にも・・

ちょっと削っちゃったw

 

 

ボール盤という専用工具があるのかな?

確かにドリルだと真っすぐ降ろしたつもりでも若干のズレが・・

最初から2mmでやってれば芯ズレも軽減できたかな?

 

 

でもモーターシャフト側から見てもシッカリ中までネジ穴が切られてますな!

果たしてちゃんとイモネジは通ってくれるだろうか・・

 

 

えい!っとイモネジをあてがってみると・・

穴の大きさはちょうどいいかな?

 

でもなんか入り口がぐらついて、ちょっと広くなってるな…

タップ立てるときに、力入れ過ぎて左右広げちゃったかな…

 

 

手前はガバガガだったけど、中に行くほどキツク締まってきてイイ感じに刺せました!

 

 

・・・・・・。

(これはRCのお話しです)

 

これならモーターシャフトにシッカリ固定できるのでは!?

 

ぎゅっぎゅ♪

キリキリキリ・・

 

付いたーーーー!!

ゴミ箱行きだったピニオンちゃん

第2の人生の扉が開いた瞬間の図w

ご覧ください。

この希望に満ちあふれた表情を・・

 

 

新しい人生への歯車が回りだしたのねw

それなら・・

 

  

さぁ、まだ働いてもらおうか!

この歯車めぇ!  ピシィィ!

もっと早くお回り! ピシィィ!

(一気にブラック)

 

 

イモネジの位置が若干歯車よりですが、なんとか付きましたw

でもスパーの位置によっては干渉しちゃうかもですね。

次回はもっと真ん中になるように調整しないと…

 

あと、ピニオンの加工でレギュ違反になるかもですし、やはり再利用品なのでレースでの使用は辞めた方が良いかもですね。

練習用に心おきなく使い倒しましょうw

(ブラック)

 

 

これが反対側の図。

あれ?よく考えたら、バランスとしてはこの方がマズイんじゃ??

 

片側が空洞で空きっぱなしと言う事は、バランス崩れないかしら?

試しに回転させてみても、明らかなブレはないですが。。

 

でも、製品版で最初から両サイドにネジ穴空いているのもあるので、この問題は誤差レベルなのかな?

 

それとも前後両方の穴にイモネジを刺せばバランス取れる?とか…

 

 

前から…

後ろから…

じゅる…

(これもRCのお話しです)

 

 

 

 

 

ハードコートとはいえ、内部は普通のアルミ。

何度もイモネジで脱着させてたら、ネジ穴の負担はでかく、そのうちガバガバに?

 

それならノーマルのピニオンを安く使い回した方がいいのかな?

 

とりあえず子供のマシンには安いノーマルを付けておこう…

ただでさえアイツ、必要以上の力で締めるから…

 

 

えぇ! 世界戦でノーマル!?

ななななんでぇーー!?

(絶対理由があるハズ!)

 

コストなんて言ってられない世界戦だし、、

軽さ?重量?

いや、ハードコート分だからって重くは無いでしょ?

 

わ、わからん・・

 

 

メンテナンスの手間暇も納得できそうな理由ですね!

でもワーチャンの場なら、ピニオンもスパーも新品にしているハズ・・

摩耗とかの問題ではないとすると・・

 

 

わ、わからん・・

コスト?摩耗?性能?

(思考の歯車がかみ合わない)

 

 どなたか名推理が浮かんだら教えて下さい~w

 

 その原因を探れるかもしれないし、耐摩耗性のチェックもしたいので、今後はしばらくノーマルピニオンでやってみようかしら?

なにか判ったらまたご報告しますね!

 

【AVの名前はAVANTE(アバンテ)が由来】